富士フイルムホールディングス

CSR計画

年度CSR計画

2030年度をゴールにしたCSR計画「Sustainable Value Plan 2030(SVP2030)」達成に向けた、各事業会社(富士フイルム、富士ゼロックス)の今年度の計画です。

富士フイルム

重点課題 主な取り組み内容
1. 気候変動への対応 ①製品のライフサイクル「調達?製造?輸送?使用?廃棄」各ステージでのCO2の排出削減
②社会でのCO2排出削減に貢献する製品とサービスの開発および普及
③グループ一体のエネルギー戦略活動の推進
  • 省エネルギー施策のグループ全体への展開と定着
  • コジェネレーションシステムでのエネルギー効率の追求
  • 再生可能エネルギー利用機会の探索と活用
2. 資源循環の促進 ①水資源の有効利用の促進
②社会における水資源保全に貢献する製品とサービスの開発および普及
③製品における3R(リデュース?リユース?リサイクル)の推進
④製造における資源投入原単位の改善
⑤廃棄物の削減とゼロエミッションの維持?改善
3. エネルギー問題への対応 省エネルギー?蓄エネルギー?創エネルギーに貢献する技術の開発
4. 製品?化学物質の安全確保 ①製品安全及び化学物質管理に関わる社内規則の運用評価とレベルアップ
②サプライチェーンでの製品含有化学物質管理の仕組みの普及
③製品分野の拡大を支える法規制対応の仕組みの継続的改善
④化学物質ライブラリーの活用や安全性評価を通じた化学物質安全への貢献
5. サプライチェーン全体に亘るCSR基盤の強化 ①サプライヤーに対する環境、倫理、人権に配慮した事業活動の要請
②重点サプライヤーでのCSR活動実施状況の監査と改善活動
6. 環境?安全リスクマネジメントの徹底 ①法的要求事項、及び自主管理基準を順守するための体制の堅持
②労働安全衛生活動の仕組みの強化
③化学物質のリスクアセスメント実施に基づく安全管理の徹底
④生産工程から発生するVOC排出量の継続的な管理
7. 情報開示?情報提供、コミュニケーションの向上 ①サステナビリティレポート、ウェブサイト等による積極的な情報開示
②環境パフォーマンス情報の開示内容の充実
8. 従業員教育 製品安全?労働安全?環境法規制に関する従業員教育の徹底

富士ゼロックス

重点実施事項 主な取り組み内容
1. 気候変動への対応 ①省エネルギー型の商品?ソリューション?サービスの提供によるお客さまのオフィス?工場のCO2削減貢献量の増加
②開発?生産事業所における省エネ設備への更新、生産プロセスの生産性改善によるCO2排出量の削減
③従業員の働き方変革によるオフィスのCO2排出量の削減
④商品物流の効率改善による物流のCO2排出量の削減
2. 資源循環の促進 ①次世代に向けた環境対応技術の確立
②機器の軽量化による資源投入量の抑制
③部品リユースによる新規資源投入量の抑制
④開発?生産事業所における廃棄物発生抑制と有価物化の推進
⑤開発?生産事業所における水使用量の抑制
3. 製品?化学物質の安全確保 ①商品における化学物質リスク低減に向けた法規制対応の強化(RoHS/REACH等への対応)
②国内外の法規制対応に向けたリスク管理の強化
③環境?労働安全衛生活動の推進
4. サプライチェーン全体に亘るCSR基盤の強化 森林生態系に配慮した持続可能な用紙調達の推進
5. 情報開示?情報提供、コミュニケーションの向上 ①環境パフォーマンスデータを把握する仕組みの運用安定化
②ウェブサイト等による積極的な情報開示
6. 従業員教育 商品安全?労働安全?環境法規制に関する従業員教育の徹底
两个人做人爱视频大全-两人做人爱费视频试看