富士フイルムホールディングス

CSRマネジメント

CSR活動を推進するしくみと、事業活動におけるCSR活動のコスト?効果を紹介します。

企業を取り巻く環境がめまぐるしく変化する激動の時代において、CSRは、持続可能な発展を達成していくために最も重要な考え方であり、経営に携わるものはもとより、従業員一人ひとりが大切にすべきものであるとの思いから、「CSRの考え方」を2006年に明確化しました。その後、7つの活動方針(グリーン?ポリシー、社会貢献方針、生物多様性方針、調達方針、品質方針、労働安全衛生方針、安全保障輸出管理方針)を策定、2018年には人権尊重の姿勢をより明確化した人権声明を制定し、すべての従業員がCSR活動に取り組んでいます。

富士フイルムホールディングス社長を委員長とするESG委員会を設置し、グループのCSR活動に関する重要事項についての意思決定を行っています。ESG委員会事務局である富士フイルムホールディングスのESG推進部門は、富士フイルムグループのCSR経営を徹底させる役割を担当。グループ全体の重点課題の提案、社外への情報開示、ステークホルダーとのコミュニケーションのほか、グループ各社のCSR活動の支援、進捗管理、内部通報窓口の運営を行っています。

グループ各社のESG推進部門は、グループ全体のCSR計画に基づいた具体的なCSR計画を策定し、それぞれの課題を遂行、年間でその結果の振り返りを行うとともに、富士フイルムホールディングスESG委員会への活動報告などを行い、グループ全体で活動を進めています。

富士フイルムグループのCSRの考え方と各種方針

[図]富士フイルムグループのCSRの考え方と各種方針
人権声明 2018年6月制定
グリーン?ポリシー(環境方針) 2019年4月改定
社会貢献方針 2019年4月改定
生物多様性方針 2019年4月改定
調達方針 2019年4月改定
品質方針 2019年4月改定
労働安全衛生?健康推進方針 2019年4月改定
安全保障輸出管理方針 2015年5月制定
两个人做人爱视频大全-两人做人爱费视频试看