富士フイルムホールディングス

CSRの考え方と各種方針

労働安全衛生?健康推進方針

富士フイルムグループは、働く人々の安全確保と健康の推進が企業にとって最重要基盤であると考え、本方針に基づき企業活動を展開します。

  1. 事業活動において、派遣社員、請負事業者を含めた従業員の労働安全衛生を最優先し、安全で働きやすい環境を確保します。

  2. 労働災害や過重労働の防止など労働安全衛生に関して適用される法令やルールを順守します。

  3. 従業員の心身の健康維持?増進を積極的に支援し、健康経営を実践します。

  4. 労働安全衛生および健康推進に関する従業員と会社との円滑なコミュニケーションを図ります。

  5. 労働安全衛生および健康推進に関する教育を積極的かつ継続的に実施します。

2010年1月制定、2019年4月改定

富士フイルムグループは、社会に新たな価値を創造するリーディングカンパニーであり続けるために、従業員が心身ともにいきいきと働ける健康づくりを積極的に推進すること、そして「100年を生きる時代」の社会の人々に、生きる力、生きる楽しさを提供していくことを宣言します。

活動方針

  1. 従業員が心身ともに明るくいきいきと働き続けることができるよう、生活習慣病、がん、喫煙、メンタルヘルス、長時間労働を重点課題とし、健康レベルの向上に取り組んでいきます。

  2. 従業員自身の健康に対する意識向上を図るための教育や、健康維持増進に向けた指導など、会社として積極的に関与していきます。

  3. 世界の各地域、国の実情に合った、適切な従業員の健康増進を後押ししていきます。

  4. ヘルスケアにおける「予防」「診断」「治療」に関わる製品?サービスにイノベーションを起こし、「100年を生きる時代」の世の中の人々、そして従業員の健康推進に、活かしていきます。

  5. 健康経営を実践した成果を社内外に発信し、社会全体の健康意識の向上に貢献していきます。

推進体制

トップダウンで、関連会社含め、全社一丸で取り組む体制にしていきます。

推進体制図
两个人做人爱视频大全-两人做人爱费视频试看